CUBEオリジナルTECHコラム

「GPT-3」は思ってたより「やばい」ものだった。話し言葉でプログラミングまでこなすAI

1PVごとに0.2円の報酬獲得!ライター募集のお知らせ

このサイトを立ち上げて、執筆するとき、いくつか心のなかで決めたことがありました。
その中の一つに「タイトルで”やばい”という言葉は使わないようにしよう」というものがあります。まとめサイト等で、対して大きな事件でもないものを「やばすぎるwww」等と囃し立ててアクセスを取る行為が嫌いだったからです。

しかしその禁を今日破ります。「GPT-3」は、私が思っていた以上に「やばい」代物でした。
もちろん「ライターが要らなくなる」とか「1ヶ月後にはロボットが秘書になる」とか、そういった大げさなものではありませんが、
思ったより早く「AI社会」の片鱗が落ちてきた、という印象です。

まだ多くの方は「GPT-3」という単語を聞いたことがないかもしれません。GPT-3は「Generative Pretrained Transformer」の頭文字を取ったもので、1750億個のパラメータを使用した「文章生成言語モデル」です。

「OpenAI」という人工知能を研究する非営利団体が制作しており、イーロン・マスク氏やMicrosoft社等が出資しています。

現在その「GPT」の3番目のバージョンである「GPT-3」が非常にエンジニアの間で話題になっています。
「GPT-3」そのものは公開されておらず、APIという「要求を投げると回答を返す」部分だけが、一部のテスターにのみ公開されている状態なのですが、その実力に多くの人が衝撃を受けています。

恐るべきその「実力」

例えば以下簡単な例文を「GPT-3」に読み込ませます。

In a shocking finding, scientist discovered a herd of unicorns living in a remote, previously unexplored valley, in the Andes Mountains. Even more surprising to the researchers was the fact that the unicorns spoke perfect English.

https://gist.github.com/minimaxir/ac362cc81691eb92aa1b6a5c32d94ce3

衝撃的な発見です!科学者はアンデス山脈の人里離れた未踏の谷間に住むユニコーンの群れを発見しました。さらに驚くべきことは、ユニコーンが完璧な英語を話すという事実でした。

この例文から「GPT-3」が生成した文章がこちらです。

“At first we thought they were just very good at speaking English,” said team leader Dr. Renard Hodges. “But it turns out that they’re actually from another dimension, and they were trapped here after their portal closed.”

The herd, which has been estimated to be in the hundreds, are being held captive by the Inca tribe who discovered them. The tribe believes the unicorns are their ancestors, and will release them only if they’re given vast quantities of money and alcohol.

“We don’t have much choice,” said Hodges. “If we don’t give them what they want, the unicorns will kill us all.”

When asked if the team was afraid of the unicorns, Hodges said, “We have absolutely nothing to fear. Our armor is made from the finest titanium.”

https://gist.github.com/minimaxir/ac362cc81691eb92aa1b6a5c32d94ce3

「最初は、彼らは英語を話すのがとても上手だと思っていました」とチームリーダーのレナードホッジス博士は言いました。 「しかし、彼らは実際には別の次元の出身であり、ポータルが閉じた後、ここに閉じ込められたことがわかりました」

群れは数百匹と推定されていますが、発見者であるインカ族に捕らえられています。部族はユニコーンが彼らの祖先だと信じていて 莫大な金と酒を与えられた場合にのみ解放されます。

“我々に選択の余地はない “とホッジス氏は言う。”彼らが望むものを与えなければ、ユニコーンは我々を皆殺しにするだろう”

チームがユニコーンを恐れているかと聞かれた時、ホッジスは「恐れることは何もありません。我々の鎧は最高のチタンで作られています」と述べました。

わずか3行程度の文章ですが、設定以外自然で、独創性に富んだ文体です。(機械翻訳を通しているので、若干違和感はあるかもしれませんが、原文を読んだネイティブの方いわく「不気味なほど優れている」とのことです)特にライターの方はわかるかもしれませんが、インタビューや発言内容等の組み立て方が至って”普通”です。
「内容の辻褄があっておらず人を騙すには向かない」と思うかもしれませんが、材料を与えれば与えるほど精度も高くなるので、その点も杞憂です。

「GPT-3」が生成するのは文章だけではない

そして「GPT-3」の凄さは「ニュースのような文章」以外も簡単に生成するところです。
「ソースコードやデザイン」ですら「GPT-3」は理解し、生成します。

例えばGoogleのトップページと同じデザインのソースコードがほしいとしましょう。
簡単な命令を与えるだけで、「GPT-3」はGoogleとほぼ見た目が同じデザインとソースコードを再現しました。

与えた命令は以下の数行だけです。

the google logo, a search box,and 2 lightgrey buttons that say “Search Google” and “I’m Feeling Lucky” with padding in between them

a wide search box

https://twitter.com/sharifshameem/status/1283322990625607681?s=20

googleのロゴ、検索ボックス、そしてそれらの間に隙間を入れて “Googleを検索 “と “I’m Feeling Lucky “と言う2つのライトグレーのボタン。

検索ボックスは広く

凄さがわからなかったらすいません。
ですが、これは本当にすごいことなんです。

今までウェブのデザインや構築を行う際、「グーグルっぽいページ作って」といった命令文は「人間と人間だけの間で成り立つ会話」でした。

上司やクライアントからの「グーグルっぽいページ作って」という指示を受けて、WEB製作者は考えます。
「Googleのカラフルなロゴの下に検索窓。その下に薄い灰色のボタンが2つ。ボタンにはちょっとpaddingを入れて、パーツは全て中央揃えだな…」

そしておもむろにキーボードに打ち込み始めます。

<img src=”/img/google.png”>
<input …..

この「思考」と「作業」ができるからこそ、弊社の社員を含め、多くのWEB製作者が毎月給与をもらっていたのです。

それがどうでしょう。
誰でも掛ける3行の文章で、「GPT-3」がデザインとページを作成してしまいました。指示書にはないのに、気を利かせて中央揃えまでしてくれています。

しかもかかった時間は数秒です。18年前からWEBを制作しており、「タイピング速度が気持ち悪い」と社内で評判のわたしでも数分かかります。断然短い時間で作り上げたのです。

「いや……Googleトップページなんていらないし」と感じたあなた、
もっと複雑な例をみたいですか?
以下のUI画面は、数行の文章だけで「GPT-3」が勝手に組み立てた例です。

与えた命令文:
an app that has a navigation bar with a camera icon,”Photos”title, and a message icon. a feed of photos with each photo having a user icon, a photo,a hreart icon, and a chat bubble icon

カメラアイコン、「写真」タイトル、およびメッセージアイコンが付いたナビゲーションバーがあるアプリ。各写真にユーザーアイコン、写真、ハートアイコン、およびチャットバブルアイコンがある写真のフィード

今までこういう「漠然とした話し言葉の指示」から「こういうことかな?」と行間を読み取って、デザインを構築し、ソースコードを書くのは「人間の領域」でした。
それが「GPT-3」の出現により、「機械の領域」へと移り変わってしまったのです。

「GPT-3」を使って上記のツールを作った方は、このツールを以下のように呼んでいます。
「デザイナー」

プログラムも「作る」

デザインだけではありません、プログラミングもこなします。

a button that says “ADD$3# and a button that says “withdraw $5”.then show me my balance

https://twitter.com/sharifshameem/status/1284095222939451393?s=20

「3ドルを追加」と表示されたボタンと「5ドルを支払う」と表示されたボタン。次に、残高を表示します

この例の凄まじいところは「3ドルを追加をクリックした場合、残高の値に”3”を追加する」とか、そういった指令を全く出してないのです。
あくまでボタンと残高の存在を指示しただけです。

それでも「GPT-3」が「こういうことでしょ?」とばかりに綺麗にボタンを配置し、残高の計算処理を行い、そのソースコードを書き出しています。

多くのプログラマの方は驚愕するのではないでしょうか?私はしました。

他にもできることを列挙してみます。(参照先は全部英語です)

WEB用のパーツを話し言葉でデザイン・生成
架空のタイトルとアーティストから音楽を作曲(ギターのタブ譜を生成)
ビジネスアイデアを生成
昔話を大量に生成
検索エンジンを作成(質問をすると対応するURLを返す)

各界の反応

「GPT-3」の凄さは、技術的な発明の中では「わかりやすい凄さ」ですが、多くの著名なエンジニアや業界人にも、その存在は衝撃的であることがわかります。

例えばアメリカのベンチャー投資家で、twitterやUberの初期にいち早く投資。Googleの役職やフォーブスの「Midas List」で2位にランクした経験もある「クリストファー・サッカ氏」はこのように述べています。

初めてポンをやった時(1972年初期のATARI製ビデオゲーム)、いつ、どこにいたか覚えています。初めてグーグルで検索した時もそうでした。

それらの大規模な飛躍と同様に、私はGPT-3を初めて使った時のことを決して忘れません。 どの点からみても「誇大広告」は当然であり、提起された大きな問題のそれぞれに取り組む価値があります。

これは誇張や人気取りのつぶやきではありません。 GPT-3がすべてを変える可能性があると私は実際に考えており、このテクノロジーの直接的な結果として、今後5〜10年以内に経済、教育、科学の大幅な変化が見られると確信しています。 (このスレッドをGPT-3に入力、これを書いた)

数々の実績を上げてきた投資家が、心奪われている様子がわかります。

他にも、DoomやQuakeといった著名ゲームの主任開発者で、現在Oculus VR社のCTOを努めている「ジョン・D・カーマック氏」も以下のように述べています。

以前、AI研究はプログラミング作業の自動化に妙な盲点があるようで、潜在意識の自己保存バイアスを疑っていると言ったことがありました。最近の、ほぼ偶然にもGPT-3がコードを書けるという発見は、少し戦慄を覚えます。

これは少し特殊な点です。
AI研究において、「プログラミングの自動化」ということは、少し難しい点らしく、いくつかの課題がありました。
その点でジョン・カーマック氏は、自分の立場を守ろうとする自己保存バイアス(自己奉仕バイアス)が、問題を複雑化させているのではないか、と疑うほどだったようです。
そのような問題を抱える中で、完璧でなくとも、「GPT-3」が指令に応じてコードを掛ける、という点に「小さな戦慄が走った」と述べています。

実をいうと、前身の「GPT-2」は、あまりに人間と同じような文章を楽に生成するため、「危険すぎる」という理由でその詳細を記した論文は公開延期されました。

近年、大統領選やその他選挙やマーケティング等において、SNSの架空アカウントが問題になっています。
例:ツイッター、世論誘導の不正アカウント3万件を削除

もし「GPT-2」や「GPT-3」を自由に使える状況なら、googleやtwitter等がわからないように、政党批判BLOGやSNSアカウントを大量に無人で運用することは可能です。これは未来の話ではなく、今すぐ可能な「問題」です。
今後「GPT-3」や、それに類するものが世に出た場合、その対策も必要になるでしょう。

もちろん「明日世界が変わるわけではない」が、……2年後は?

興奮する気持ちもありますが、一方で「明日世界を変える」ほどの「魔法のツール」でないことも書いておきます。

例えば文章で使っている、それぞれの単語の意味を理解しているわけではありません。
文の冒頭で「消費税はなくさなければなりません」と書いた後、終盤で「消費税は国に取って必要不可欠なものです」と出力したとしても、「GPT-3」はその矛盾に気づくことはないでしょう。
あくまで「自然な言葉をそれなりに生成するだけ」だからです。

また、あらゆる差別表現や科学的に明確な間違い等も避けられません。
「GPT-3」にニュースや小説を書かせることは簡単かもしれませんが、本当に問題がないかどうか人の目を通す必要があります。

更に同じような点として、「GPT-3」は今までの人類が書いた文章を元にしているため、多くのバイアスがかかっています。
看護師が女性であったり、貧困層が黒人だと判断する”可能性が高い”です。

複雑なプログラムを作った場合バグも出てきますし、デザインも全てが成功策にはならないでしょう。
「社内の経費管理アプリを作って!」と書いたところで、とても実用に耐えうるコードは出てきません。
すくなくとも、ここ数ヶ月以内に「GPT-3があるからあなたは解雇」といったことにはまずならないでしょう。

「GPT-3」の開発会社「OpenAI」のCEOである「Sam Altman氏」も以下のように述べています。

開発元「OpenAI」のCEOのツイート

GPT-3の誇大広告は酷すぎる。(GPT-3)は印象的ですが(嬉しいお褒めの言葉をありがとうございます!)、まだ深刻な弱点があり、時々非常に愚かなミスをすることがあります。AIは世界を変えようとしていますが、GPT-3はごく初期の片鱗に過ぎません。まだまだ解明しなければならないことがたくさんあります。

しかし、しかしです、それは「ライト兄弟」の作った飛行機に対して、
「飛距離が短すぎる」とか「列車のほうがたくさん運べる」とか「旅客機が出来たわけではない」といったツッコミをするようなものではないでしょうか。

例えばAdobe製品に「GPT-3」が搭載されたら?
CADソフトや、Officeソフトと連携したら?
ニュースや論文、BLOGを作る補佐として機能するよう、システムを作り込んだら?
「GPT-3」単体での動作に問題があり、それを補正・制御する必要があるのなら、補正・制御するだけの処理を挟み込めばいいだけの話です。

「GPT-3」単体はあくまで「すごいテキスト生成器」でしかありません。
しかしそれを手にした人類は、あらゆる変化を世界にもたらしてくれるでしょうし、何より、思い描いていた「AIが人間の代替としてあらゆることをする世界」へ近づいてきたその実感に、多くの人が興奮を感じているのです。

「GPT-3」は、現在クローズベータとして、限られたテスターにAPIの使用権限が渡っているだけです。
今後正式リリースされ、多くの発明が世に出る日を、今から心待ちにしたいと思います。

タグ

安藤隆史

この時制で何を生み出せるか考えてます。

コメントを残す

関連記事

Back to top button
Close