アメリカニュース(海外の反応)中国地域・海外政治・経済東アジア海外の反応

米、台湾に1800億円分の武器を売却予定【海外の反応】

先月末の話ですが、アメリカが台湾へ18億ドル(約1800億円)分の武器売却を決定しました。
安価な武器だけではなく、135基の精密陸上攻撃ミサイルやシステム、無人機等も含めた本格的な支援とのことです。
もちろんこの売却は、中国を睨んだ対抗策の一つと言えます。

The Pentagon said the deal comprised three weapons systems, including rocket launchers, sensors and artillery.
Taiwan, which considers itself a country, is seen as a renegade province by China.
Tensions have increased in recent years and Beijing has not ruled out the use of force to take the island back.
Last week, US national security adviser Robert O’Brien said that while he did not believe China was ready to invade Taiwan, the island needed to “fortify itself” for the future.
Taiwan’s defence ministry said the weapons would help it “build credible combat capabilities and strengthen the development of asymmetric warfare”.

https://www.bbc.com/news/world-asia-54641076

米国防総省によると、この契約にはロケット発射機、センサー、砲兵など三つの兵器システムが含まれています。

台湾は、自国を国と見なしていますが、中国からは反逆の省と見なされています。

近年緊張が高まっており、中国政府は島を奪還するための武力行使を排除していません。

先週、ロバート・オブライエン米国家安全保障問題担当補佐官は、中国が台湾に侵攻する準備はできていないと信じていたが、台湾は将来のために「強化」する必要があると述べました。

台湾国防部は、これらの兵器は「信頼できる戦闘能力を構築し、非対称戦争の発展を強化する」のに役立つだろうと述べました。

この売却には135基のSLAM-ERミサイルが含まれています。これらは地上発射のハープーンミサイルです。射程は170マイルで台湾海峡を超えるでしょう。

そして、中国の艦隊を損害させるために重要な役割を果たすはずです。

「SLAM-ERミサイル」はすでに米国のミサイルの愛称として親しまれており、なぜそうしたのか全く理解できません。

135基は少なすぎませんか?侵略してくる艦隊には2000〜3000基の脅威が必要なのでは?

台湾はすでに数千基のミサイルを保有しています。しかし、その大半はこれらの新型ミサイルよりも小型で性能も劣るはずです。

フォークランド紛争でエグゾセが英国艦隊に与えたダメージを思い出してください。ミサイルが誤った場所に落ちると、大量の殺戮を引き起こす可能性があります。台湾は中国艦隊を破壊する必要はなく、慎重に行動したほうがよいでしょう。

もうこのようなことは必要ないでしょう。なぜ軍艦は第二次世界大戦の時のように、厚い鎧を持たなくなったのか不思議に思ったことはありませんか?その理由は、現代の兵器システムが恐ろしく強力なため、何があっても一発で沈没してしまうからです。

とにかくこれは政治的な動きだと思います。

これは台湾(国防予算全体はわずか110億ドル程度である)にとっては大金だが、本当のメリットは米国との関係を維持できることでしょう。

SLAM-ERミサイルを製造しているボーイングのための資金です。彼らは巨大なプロモーションと不況の真っただ中にいるようなもので、最大の収益セグメントである商用ジェット機にとっては、特に悪い状況です。これは米国の巨大企業に助成金を支給し、米国における製造業の雇用を維持するのに役立っています。これは明らかに現政権の大きな論点でしょう。

現実問題として、中国は台湾を侵略せず、台湾の脅威を自国の傀儡として利用し、他国との貿易協定で代償を得ることになるでしょう。

中国の無分別なレトリックとは裏腹に、中国は依然として台湾に兵力を配備し侵略する能力を欠いてます。中国は占領に全力を尽くす必要があり、国際社会からの経済的非難で疲弊しながら、軍隊を次々と撤退させていた。

もしすべての大国が宇宙探査にお金を使ったらどうなるでしょう。彼らが武器のためにやっていることは、世界のニュースのトップを飾るだけにしか過ぎません。

2021年は第三次世界大戦の始まり?

この政権に賛成する最初の外交政策かもしれません。そして、中国は簡単に台湾を侵略できないでしょう。

これは良いことですよね?中国にいじめられている台湾には同盟国が必要です。

もしすべての大国が宇宙探査にお金を使ったらどうなるでしょう。彼らが武器のためにやっていることは、世界のニュースのトップを飾るだけにしか過ぎません。

中国のナショナリズムから台湾を守るために役立つことなら、何でも賛成です。

台湾人として、この取引が実現したことを心から喜んでいます。共産党は現代最悪の独裁政権です。私たち台湾人が望んでいることは、中国から阻害されることを終わらせて、苦労して手に入れた自由と民主主義を守ることだけです。

台湾人として、この取引が実現したことを心から喜んでいます。共産党は現代最悪の独裁政権です。私たち台湾人が望んでいることは、中国から阻害されることを終わらせて、苦労して手に入れた自由と民主主義を守ることだけです。

中国政府は、米国が独立を望んでいる中国の一部に武器を販売していると考えているため、これはよくないと意見するでしょう。台湾の独立運動は、彼らへの支持を示すことは良いことであり、また、すべてを武力で統一しようとしている中国政府から台湾が防衛する機会を与えることにもなる、と言うはずです。

私は心から支持しています。共産党を倒して、中国政策を倒して、ウイグル人を解放して、チベットを自由にして、香港を自由にして、台湾を自由にして。

参照:https://www.reddit.com/r/worldnews/comments/jfwm71/us_approves_18bn_weapons_sale_to_taiwan/

【福岡求人】メディアサイト運営アシスタント募集


guest
0 Comments
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
Back to top button