仮想通貨

本当に「ビットコインだけで」4年間世界を廻り続けている家族!

2017年から現金やクレジットカードではなくビットコインで世界旅行を行っている家族がいます。
その羨ましい生活をしているのはオランダ出身の旅行家、ディディ·タイフート氏。彼のtwitterによれば「昨年のクリスマスはコスタリカで過ごしたが、今年はポルトガルで過ごします」とのことです。

「1ビットコインの価格が8万円程度の時、財産すべてをビットコインに替え、この4年間で40カ国をビットコインだけで家族と一緒に旅行した」という同氏の話は、5日、米経済媒体のCNBCでも取り扱かわれました。

彼と彼の家族はビットコインだけで取引することを決め、これまで欧州、アジア、オセアニアなどを旅行しています。

「ビットコインの儲けで旅をしているというだけでしょう?」と思われますか?
いえ、彼等は本当にビットコインで旅をしています。

ディディ氏と家族

国境のビザ代金ですらビットコインで賄った

物々交換や交渉、ビットコインデビットカード、時にはビットコインを受け入れるよう説得するベンダーの力を借りて、ヨーロッパやアジア各国を旅行したのです。
車の修理や映画のチケット、バイクの購入、税金の支払い、ヘアカット代ですらビットコインで支払いました。
更にトルコとブルガリアの国境を越える時は、ビザ手数料をビットコインで払うことが出来なかったため、車を道路わきに止めて、自分たちのビットコインを現金と交換してくれる人を探したそうです。

ディディ氏によれば「地球上にビットコインでほとんど全てのものを買える地域が2ヵ所ある」とし、スロベニアの首都リュブリャナとイタリアの小さな町「ロベルト」を紹介しています。

ちなみにこの記事を書いている時点(2020年12月7日16時)でのビットコイン価格は約201万円。
もはや「バブル期」と言われた2017年末の水準です。
今後ビットコインの需要は増していくのではないか、と予想されているため、ディディ氏の旅はまだまだ続きそうです。

参照:https://www.cnbc.com/2020/12/05/bitcoin-price-buying-bitcoin-how-this-family-buys-sells-everything-in-cryptocurrency.html

【福岡求人】メディアサイト運営アシスタント募集


guest
0 Comments
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
Back to top button