アメリカコロナニュース健康・医療・生き方地域・海外

マスクの代わりにネックウォーマーを使ってもいい?飛行機内で論争が起こる

先日ピーチ航空で、マスク着用を断った男性の騒ぎがもととなり、緊急着陸する事態となりましたが、アメリカでも同じような騒ぎが起こっているようです。

ネックゲイターはマスクと同等コロナウイルスの予防になるのかという論争がアメリカで起こっています。
航空会社は予防にならないとしており、乗客はこれに対し怒りをあらわにしています。アメリカ疾病予防管理センターの見解では、ネックゲイターは「有効性は不明」としているようです。

事の発端はマイケルという者のTwitterの動画投稿から始まりました。投稿には「スピリット航空の客室乗務員から嫌がらせを受けた」と記しており、この投稿には現地コメンテーターの著名人等も賛同しているようです。

男性は、コロナウイルス予防としてアメリカ国旗がデザインされたネックゲイターを着用していました。
客室乗務員は彼に「あなたのネックゲイターは1枚の布なので、航空会社の要件を満たしていない」と言ったそうです。
乗務員は代用として男性にマスクを提供しましたが、「ネックゲイターがあるので必要ありません」と、男性は着用を拒否しました。

https://twitter.com/mikeampd/status/1307002467666796545?s=20
男性本人が撮影したムービー

航空会社のウェブサイトでは、マスクは「布が2層であり、鼻と口をしっかりとカバーし顎まで隠していなければならない」とし、バンダナや小さすぎるマスクを禁止していますが、ネックゲイターには特に言及はしていません。
他の航空会社では、ネックゲイターを許可しているところもあります。ディズニーワールドは、マスクポリシーでネックゲイターを許可しています。

アメリカ疾病予防管理センターは、「現時点では、ネックゲイターがコロナウイルス予防になるかは不明です。ガイドラインでは、2層構造の布マスクを指定しています。」と述べています。

デューク大学の最近の研究では、「薄いポリエステル製の生地は、マスクを全く使用しないよりも悪影響を与える可能性がある」と示唆されています。

参照:https://www.mercurynews.com/2020/09/21/neck-gaiter-at-issue-in-spirit-airlines-mask-dispute/

【福岡求人】メディアサイト運営アシスタント募集


guest
0 Comments
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
Back to top button