CUBEオリジナルニュース

PayPayダッシュ本日実験サービス開始!さっそく利用してみた感想

PayPayダッシュがスタートしました!

PayPayダッシュとは、Yahooとイオンが行う「即時配達サービス」の実証実験です。
イオンで取り扱っているお弁当やパン、飲み物等を、アプリ上で注文すると、すぐに配達員が届けてくれるサービスです。

ちなみにこのPayPayダッシュ、本日スタートしたのですが、まだ福岡市天神付近でしか使うことができません!
しかし対応区域を確認したところ、弊社はエリア内に入っていたため早速注文してみました。

注文までの流れ

アプリを立ち上げて、簡単な個人情報を入力すると以上のような画面が開きます。
なお、このスクリーンショットを撮影したときは、まだスタート前なので「COMING SOON」表記ですね。

商品を選びます。「おにぎり・お弁当」の部分をタップしてみました。
現時点でお弁当はこの2つだけでした。まだ実証実験中なので、正直そこまで品揃えは多くありません。
各カテゴリ4~5種程度でしょうか。

お弁当(417円)だけでは、最低注文金額の700円に届かないので、お茶を2つ追加しました。
綾鷹は151円です。スーパーの金額よりはちょっと高いですね。ピザ屋さんのサイドメニューよりは安いですが。

注文手続きに入りました。
支払い方法は「クレジット」か「商品代引」になります。

「あれ!?PayPayは使えないの!?」と驚くかもしれませんが、「商品代引」は配達員の方がPayPayを読み取る形なので、PayPayを使いたい方はこれを選べば大丈夫です。
逆に現金で払いたくても、「商品代引」では払えませんのでご注意ください。

ちなみに3月31日までは送料無料で注文できます。以降の送料や最低注文金額は、注文状況により変動するとのことです。

最初に登録したのとは別の住所にも配達できます。
自分は登録住所はエリア外、配達住所はエリア内という形で注文しましたが、特に問題なく届きました。

注文を確定すると、注文番号が割り振られました。

15分~45分の間で届くようです。

なお今の所、宅配員がどこまで来ているのか追跡したりはできませんし、
そもそも注文履歴をみる画面すら確認できませんでした。この辺はおいおい追加になるのかもしれません。

注文からわずか25分で到着!

13時3分に注文完了し、しばらく待っていた所13時28分に会社のチャイムがなりました。
サービス始まったばかりなので、多少遅れたりするのかなと邪推していましたが、予想以上にスムーズです。

↑袋もPayPayDashでした。

商品を受取る際は、
配達員さんのスマートフォンで注文内容の確認 → 受け取り → 用紙にサイン
という流れです。
ちなみに飲み物は冷えていましたが、冷やしてあったのか、運ぶ途中で冷えたのかは正直わかりません。

PayPayDash ドライバーさん

ついでに配達員さんに写真を取らせてください、とお願いした所、快くOKを頂きました。

……若干既視感があるバッグですね。
しかしよく見るとバッグだけでなく、上着やヘルメットにも「PayPayダッシュ」のロゴが描かれてます。

ちなみに調べた所、PayPayダッシュのデリバリースタッフは普通にアルバイトとして募集されているようです。

時代にも合っているし、時節にも合っている

ここまで読んで、ある程度の方はお気づきかと思いますが、UberEatsそっくりです。
メニューのUIも似ていますし、注文プロセスや配達員さんの格好もうり二つです。

しかしデリバリーサービスを考える時、これまでUberEatsが成し遂げてきたことが最適解だからこそ、それを採用していることも理解できます。
おそらく、似たサービスはこれからどんどん増えてくるでしょう。

注文した所感ですが、これは流行る気がします。
現在コロナウイルスで多くの人は外出することを控えています。
それでなくとも、可処分時間の奪い合いにより、時間はとても貴重なものになってきていますし、そもそも買い物に行くことはとても面倒です。
特にお年寄りにとって、普段の買い物や、重たいものを運んで行き来するのは負担になります。
その買い物を代行してくれるなら、多くの人は数百円程度支払うことを厭わないでしょう。

UberEatsより、PayPayDashを利用する人も多くなるかもしれません。
UberEatsはとても便利なのですが、基本1000円を超えるメニューが多いため、毎日利用していたらエンゲル係数が跳ね上がります。

しかしPayPayDashなら? 夫婦2人で417円のお弁当を頼めば、最低注文料金の700円は超えます。
「そんなに贅沢なものを食べたいわけではない。とにかく作るのも買いに行くのも面倒」という時の最適解になるのではないでしょうか。

もちろんまだ実験段階のため、実際にサービススタートした際、どの程度評価されるかはまだわかりません。
注文が殺到して送料が跳ね上がったり、UberEatsが直面したように配達員の確保で悩むのかもしれません。
しかしとりあえずテスト段階の今は、提供されるサービスへ期待を持てる気がします。

おまけ

テスト段階のおまけかわかりませんが、ラムネももらいました!
PayPayDashのロゴと、配達員さんのイラストが入っています。

ホームページ管理会社、満足していますか?

その悩み、CUBEにご相談ください

詳しくはこちら
タグ

コメントを残す

関連記事

Back to top button
Close